肌をケアする目的

片目を隠す女性

動物がこれほどまでに複雑な造形でいられるようになったのも、遺伝子で環境対応の情報や生物の特徴を伝えているからである。
環境に対応する方法は、実は個体別で異なることがある。いろんな状況に個体で対応することで、環境によってもっとも正しい方法を導き出すことができるのである。
そういったこともあるので、同じように見える種族でも、一つ一つの個体の状態は異なってきているのである。
それは人間にも同じことがいえ、私達の生活にも密接に関わってくる。美容面でいうと、肌の状態は人によって異なることが多いという具合に。
乾燥肌に悩んでいるという人もいれば、赤ちゃんのような水分たっぷりの肌を湛えているという人もいる。
そうなれば、当然スキンケアの方法も変わり、オールインワン化粧品に求める性質も異なってくるのである。

オールインワン化粧品といえば、化粧水と乳液、美容液の性質が一つにまとまっているというものである。そのため、性質が全て同じであると思われがちである。
しかし、性質は少しずつ違っているので、オールインワン化粧品でスキンケアをして、ケアの時間を短縮させたいという時にはよく化粧品の特徴を把握するべきである。
乾燥肌の人は保湿を目的としたオールインワン化粧品、紫外線で刺激を受けがちな人であればメラニンの生成を抑えてくれる美容成分が入った化粧品を選ぶことになる。
何故同じオールインワンでも、性質が違うのかというと、保湿や紫外線ケアの役割をもつ化粧品がそれぞれ異なるからである。
保湿は化粧水、紫外線ケア・美白対策は美容液がその役割をもっている。